スキルアップさせる人材育成術


日本の建築業界は、人件費が高いことで有名である。なんといっても匠の世界だから大工、職人に払う日当は半端ではない。そこに風穴を開けたのが二×四工法だった。二インチ×四インチの規格材ですべて合理的に設計されているから、工場でプレカットされた木材を現場に運び込み、ポルト・ナッ卜で結節していく。
いま、日本の伝統技術である木造軸組工法が見直されてきているが、それでもプレカットされた木材との混合工法を導入するなど、省力化がはかられている。電気工事にしても、かつては現場合わせで配線コードを切っていたが、いまはアメリカ並みに、最初から決められた寸法で切られたコードを要所に配しておき、ジョイント器具でつないでいく方法が一般的だ。

住宅

こうすることにより、資材の無駄も排除できるようになった。タイル貼りは現在、タイル職人に頼らなくても、シート状になった小ロタイルを下地セメントに貼り付け、シールを剥がすだけで、誰でもできるようになっている。大判のものでも、タイルをはめこむ下地材が用意されているから、そこに貼り付け、目地セメントで埋めていく。このように、建築の世界もかなりの部分で合理化、省力化がはかられているのだ。いまはそういう時代なのだ。
だから、「機械にできることは機械に任せ」て、さらに、多能工を育成して人件費を削減しようというYの考えは、当然といえば当然といえる。ただし、一つ問題点をあげるとするならば、少数精鋭の某I会社ではいま、一人ひとりが超多忙なため人材教育にまでなかなか手がまわらないという点だ。しかし、人を育成するにはどうすればいいかを、Yはよくわかっているようだ。

さて、以下の三つの項目の関連性から、何か理解できるだろうか。これらには、ちゃんとした因果関係がある。a.社内の冷蔵庫にはジュース、お茶、コーヒーなど、豊富にそろっている。
もちろん飲み放題だ。b.女性社員は、二十四、二十五歳くらいで年収四〇〇万円以上は確保できる。c.「うちの会社は、外から来た人にほめられます。女性社員がテキパキ働き、社内の雰囲気も明るい。活気がある、と」もちろん、基本給はきちんとある。
賞与も支払われている。非営業系の女性社員でも、インセンティブがあり、毎月の総契約本数によって、インセンティブが給料に上乗せされる。具体的には、一件成約になると一万二〇〇〇円、仮に一〇〇件成約すれば一二〇万円が役員を除く約三〇人の非営業系の女性社員に、業務評価により案分比例して、分配されるのである。

契約件数が多い月で、評価の高い女性社員なら、基本給のほかにインセンティブとして一〇万円くらいが加算されるという。そうなると、どういう現象が起きるか。ここで、お茶やジュース飲み放題の意味が理解できる。昼食をとるために外へ出ることがなくなる。サンドイッチや弁当を買ってきて、社内で食べるようになり、昼食時間中であっても、電話が鳴れば条件反射のごとく受話器を取る。余談だが、某I会社の女性社員の電話の取り方は早い。

したがって、受信音が鳴りっ放しということはない。その意味では、静かな職場環境である。「別に拘束しているわけではありませんし、お昼を外に食べに行ってもいいんですよ。でも、お茶やジュースが飲み放題で、ちゃんと談話室もあるし、第一、お弁当を買って社内で食べたほうが安くつくでしょ。ジュースやお茶代をケチつてやっている会社と、どちらがいいか考えればすぐわかりますよね(笑)。

人

ほかの会社とは、少し手法が違うかもしれませんけどね」合理性とはどういうものかをきちんと理解している。だから、自然と機能的な手法を採用することになる。こうしたことは、有形無形で社員のスキルアップにつながり、無理をしなくても人材育成に貢献することになる。
巧みな仕組みをつくったものだ。社員たちが競って電話を取るのもうなずけるだろうYの場合、「アメとムチ」の使い分けという無理は感じられない。合理的に、客観性のある省力化をはかった結果なのだ。だから社内が明るく、活気にあふれている。経営者にとって、これは参考になる事例だろう。大上段に振りかざした社員教育としていないところに、某I会社の企業体質が反映されている。


大阪市と京都市の中心で,ベッドタウンとして発展した高槻市。
市のキャッチフレーズである,「水とみどりの生活文化都市」という言葉の通り,豊富にある自然が特徴的な街です。
ベッドタウンとして栄えただけあって,交通アクセスの便は非常に良好です。
公共施設や祭り・イベントなども多く存在しているため,市は「住みやすさナンバーワン」とも呼ばれています。
豊かな自然と豊かな暮らしが両立できる高槻市は,特に子どもを持つファミリー層に人気が高く,家族で高槻市に引越される方も少なくないようです。
豊かな自然で,子どもをのびのびと育てたいなら高槻市一戸建てを購入を検討するのも良いでしょう。住みやすさと自然を両立している高槻市ならではの子育てを考えてみるのはいかがですか?

都内へのお引越しなら文京区はいかがですか?
犯罪件数も少ない文京区は子育て世代の方に人気のエリアです。
文京区は都心へのアクセスも良好なので,充実した毎日を送ることができるでしょう。
文京区は一戸建て物件も豊富にあるので,ぜひご家族でのお引越しに文京区の一戸建てを検討してはいかがでしょうか。

東京都内で引っ越し先を探し中だという方はいますか?いましたら,ぜひ目黒区の中古マンションで生活を送ってみませんか?目黒区は,高級住宅街ということもあってかなり住みやすいエリアになります。
中々引っ越し先が見つけることができないという方は,この機会に目黒区の中古マンション情報についても調べておきましょう!